姉妹2人、親に虐待されて育った。私は母親の傾向と対策に従ったが、姉は正論を通し 反論した。実家を離れて10年ったった頃、姉の中では私も母も同じだと気づいた・・・

227: 名無しの白うさぎ 2015/02/12(木)23:12:10 ID:

書き捨てる。

姉妹2人、親には虐待されて育った。何を決めるにも
「自分で判断すると失敗する、母親の言う通りにしないと失敗する」
という呪いをかけられた。
従わないとき、失敗をしたときは乱暴制裁だった。
竹定規、椅子、蝿叩き等を掴み、それが壊れるまで私を叩いた。
避けたり悲鳴をあげたりすると余計ひどくなるので
じっとして声をころして時間が過ぎるのを待った。
朝でも夜でも無関係で、母親の機嫌が悪い時は
眠っていても叩き起こされて理由をつけて殴られた。
父親はずっと空気だった。

私は次第に母親の傾向と対策を学び
出来る限り母親の気に入る服装、髪型、態度、表情、言動、成績を
キープするようにした。
「洗脳完了」「ごますり」と言えばその通りなんだけれど
何より私は殴られない生活が欲しかった。夜に安心して眠りたかった。
すると少しずつ母親の私への乱暴が減り、会話が通じるようになった。
やっと家で安心して過ごせる、と嬉しかった。

しかし2歳離れた姉は違った。
母親が筋の通らない理由で怒鳴り散らしている時は必ず反論した。
そして余計に母親を怒らせ、もっとひどく殴られていた。
妹と違って自分の思い通りにならない姉に、母は常に苛ついていた。
姉は折檻されながら、泣きながらでも
自分が正しいと思うことを主張していた。

正直、当時の私はそんな姉にイライラすることもあった。
私にとって重要なのは「母親が怒るか怒らないか」だった。
なぜ姉がそんなに些細なことにこだわるのか、
勝ち目のない争いを続けようとするのか理解できなかった。
母の機嫌が悪くなると私まで殴られるから
お願いだから母の機嫌を損ねないでくれ、と姉に訴えたこともあったが
姉は変わらず母を怒らせる態度を取り続けた。

それでも私なりに母の機嫌を損ねない表現で姉のフォローをしたり
姉を許してくれるよう母に頼んだりもした。
お互いの失敗が母にばれない様に隠し合ったり、
母が不在の時は姉と愚痴を言い合ったりして、
私にとっては姉は戦友みたいな感覚だった。

決して姉を殴る母に加勢などしたことはなかった。
母を刺激しないように母の側に立ちながらも
母の興味を別のもので引いたり注意をそらしたりして
なるべく姉を守れるように立ち回っていた。
そういうつもりだった。自分の中では。

228: 名無しの白うさぎ 2015/02/12(木)23:12:27 ID:

姉妹が実家を離れて早10年以上。
互いに独立していた姉と久々に会う機会があった。
その席で、ふとした会話の流れで姉がぽつりと
「お前はいつでもあのヒステリー女の味方だった」
「姉妹なのにお前は全く私の味方になってくれなかった」
と、私に吐き捨てるように言った。

それで気付いた。
姉の中では私も母も同じ、
姉に苦痛を与えた加害者だという事実が出来ているんだ。
母親に殴られないことを最優先にしていた私は
姉にとっては母親と同じく、憎むべき対象だった。

違う、私も姉も被害者だ、と言いたい。悪いのは母だけだと。
けれど母の洗脳を真に受けて
母に気に入られるようにと振る舞っていたのは確かに私だ。
洗脳になびいた私は姉にとって敵だった。
戦友でも家族でもない。それが姉の真実なんだ。

姉のことを唯一の家族だと思っていた。
けれど私が母に抱くのと同じ感情を、
姉が私に抱いていると知ってしまった以上は
もう姉と顔を合わせることはないだろう。

私はあの時どうすれば良かったのだろう。
怒り狂い暴れる母を姉と協力して抑え込めただろうか。
姉と同じように頑として従わずにいれば母も折れただろうか。
姉の言葉が何度もフラッシュバックして
自分の過去のたら・ればを考え込んでしまう修羅場。

230: 名無しの白うさぎ 2015/02/12(木)23:25:27 ID:

>>227
どうしてみようもなかったかと。
あなたもお姉さんも自分を守るのに
精一杯だったのだよ。
子供であったあなた達にはその道しかなかったのだよ。

うちは三姉妹だからあなたのお姉さんではないが
同じ境遇(寝てる時に気分で殴られて起こされるって
心が折れるよね)の
親に歯向かい続けた長女より。

232: 名無しの白うさぎ 2015/02/13(金)01:06:49 ID:
>>227
貴女は何も悪くないよ。
諸悪の根源は母親だ。
お姉さんは戦うことに精一杯で、貴女も虐待の対象になっていることや
うまく立ち回ろうとしているところに気付かなかったんだろうね。
せめて近い将来、お姉さんがその事に気付くことを祈る。
貴女に幸あれ。

233: 名無しの白うさぎ 2015/02/13(金)01:13:02 ID:
>>228
姉ちゃんは姉ちゃんなりに、あんたを守ろうとしたんだろうね。
あんたが姉ちゃんを守ろうとしたようにさ。
真っ向から母親に刃向かうなんて不器用なやり方だけど、
姉ちゃんなりに必氏だったんだと思うよ。
きっといつか、あんたが姉ちゃんを守ろうとしていたこともわかってくれるさ。

引用元: ・ 今までにあった修羅場を語れ【その8】

スポンサーリンク
オススメ記事ピックアップ

シェアする